【書評】 『世界一やさしい「才能」の見つけ方 一生ものの自信が手に入る自己理解メソッド』 Part1:才能が見つからない人が勘違いしている5つの間違い

書評

著者の紹介

株式会社ジコリカイの代表取締役、八木仁平さんです。

累計2600万PVを記録した人気ブロガーであり、初めての著書は30万部の売り上げを達成しました。

著者の成功の秘訣は、「文章を書いて人に伝える」という才能を見つけて活かしてきたことにあります。

しかし、そんな著者も最初から立派だったわけではありません。

むしろ逆で、コンビニのバイトを2ヶ月でクビになったり、テレアポバイトから1日で逃げたりしたこともあります。

さらに、大学卒業後はお金以外の働く目的を見失ってうつ状態になった時期もあったそうです。

今でもコミュニケーションは苦手だと言います。

著者は、自身の経験から、上手くいく人といかない人の差は、

「才能を活かしているか活かしていないか」の差だと主張しています。

逆境の中でも自身の才能を知ったからこそ、得意分野で成功できたのですね。


一言で言うとどんな本?

「自分の才能の見つけ方を学べる本」です。

才能を活かしている人は、自己肯定感が高まり、感謝され、成果も出るようになります。

例えるならば、水を得た魚です。

一方で、才能を活かせない人は、陸にいる魚のように苦しくなってしまいます。

何をやっても上手くいかず、自信をなくし、人からも感謝もされないでしょう。

自分の才能を知り、それを思いきり活かすことができれば、人生はもっと明るく楽しくなるはずです。

この本では、そんな「才能」を見つけるための方法を学ぶことができます。

Part1では、才能の定義と、才能が見つからない人が勘違いしている5つの間違いを説明します。

どうぞご覧ください!

目次

・才能とは何か

・才能が見つからない人が勘違いしている5つの間違い

① 「人より上手くできることが才能だ」と思っている

② 「憧れ」や「なりたい自分」になろうとする

③ 「資格やスキルを身につければ成功できる」と思っている

④ 「才能がなくても努力すればなんとかなる」と思っている

⑤ 「成功者から学べば成功できる」と思っている

才能とは何か

まず、本書の結論として、才能とは「つい、やってしまうこと」だと述べられています。

才能は呼吸のようなもので、生まれてきてから自分がつい無意識のうちにやっていることを指します。

例えば、音楽家はつい楽器を弾いてしまうし、アスリートはつい運動をしてしまいますよね。

他にも、「つい人間観察をしてしまう」、「つい人の気持ちを考えてしまう」といったことも才能と言えます。

このように、自分が知らず知らずのうちにやってしまうことの中に、才能はあるのです。

逆に、意識しないとできないことは、才能とは言えません。

才能が見つからない人が勘違いしている5つの間違い

① 「人より上手くできることが才能だ」と思っている

繰り返しになりますが、才能とは「つい、やってしまうこと」です。

したがって、努力して他人より脚が速くなったり、良い成績を取ったりすることは才能とは呼べません。

世界一上手くやれることなどほとんどないため、他人と優劣を競う人は、才能を見つけられません。

高い確率で自分より上手くやれる人が現れて、「才能」を潰されてしまうのです。

② 「憧れ」や「なりたい自分」になろうとする

「憧れ」は、「今の自分はダメだから、なりたい自分になろう」という発想から生じる感情です。

つまり、憧れは自己否定から生まれます。

例えば、イケメン若手起業家に憧れている場合、

「顔がイケメンでない、起業のスキルもない。

それに比べて、自分はなんて無力なんだ。」

という自己否定感が生まれます。

多くの場合、憧れる相手は「自分にないもの」を持っているからです。

しかし、そのような憧れを抱くのは、魚なのに鳥に憧れて空を飛ぼうとするようなものです。

同じ人間でも、私達はそれぞれ大きく違います。

そのため、周りではなく自分の良さに目を向け、それを活かすべきなのです。

③ 「資格やスキルを身につければ成功できる」と思っている

資格やスキルは大切ですが、その前に自分の才能を見つけておくことが欠かせません。

なぜなら、才能は一生変わらないものですが、スキルや知識は古くなるからです。

例えば、「英語が話せる」というスキルは、翻訳アプリやAIの台頭により、価値が変化しています。

一方で、「リスクを考えられる」、「人の気持ちを大事にできる」などの才能は生涯必要なものです。

いくら時代が変わっても、自分の才能さえ知っていれば、それが活きる仕事を見つけやすくなります。

建物で例えると、資格やスキルは「うわもの」で、才能は「土台」です。

いくら「うわもの」を立派に作ったところで、「土台」がしっかりしていなければ崩れてしまいますよね。

それと同じように、スキルを学ぶ前に、人生の土台となる才能を見つけることに時間をかけるべきなのです。

④ 「才能がなくても努力すればなんとかなる」と思っている

経営学者であるピーター・ドラッカーは、こう言っています。

努力しても並にしかなれない分野に無駄な時間を使わないことである。強みに集中すべきである。

無能を並の水準にするのは、一流を超一流にするより遥かに多くのエネルギーを必要とする。

野球が苦手な人は、どれだけ練習しても大谷翔平選手のように野球で活躍することはできませんよね。

一見才能と無関係に思えるコンビニの仕事でも、人と接するのが苦手な人は向いていないでしょう。

残念ながら、全ての仕事は、まず才能がないといくら努力しても上手くいかないのです。

⑤ 「成功者から学べば成功できる」と思っている

前提として、人はそれぞれ違った才能を持っています。

そのため、一言で「成功者」と言っても、彼らは皆違った意見を言うものです。

「とにかく行動しろ」「行動する前に考えろ」

「人脈が大事」「人脈なんてどうでもいい」

「寝ずに仕事をしろ」「睡眠を一番優先するべきだ」

そして当然ですが、自分と成功者とでも才能は異なります。

したがって、それらの意見を全て聞いていると混乱してしまうのです。

そこで、目を向けるべきなのは、他人の成功話ではなく「自分の過去の実体験」となります。

私達は、今までの人生で数多くの失敗と成功を繰り返してきたはずです。

そのデータから、自分がつい何をしてしまうのか、何が苦手なのかを分析することが大切なのです。

そうすれば、自分の才能は見えてくることでしょう。

最後に

ここまで、才能が見つからない人が勘違いしている5つの間違いを見てきました。

これらを一言でまとめると、大切なのは「自分の外側ではなく、自分の内側に目を向ける」ことです。

他人より上手くできること、他人への憧れ、成功者の意見に囚われてはいけません。

まずは、自分がついやってしまうこと、持ち味を生かすこと、過去の実体験から学ぶことが重要なのです。

次回は、Part2として、具体的な才能の見つけ方について本書の内容を紹介します。

一緒に学んでいきましょう。

今回の内容が皆さんの参考になれば幸いです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました