【要約】 『バビロン大富豪の教え 「お金」と「幸せ」を生み出す黄金法則』

書評

著者の紹介

著者のジョージ・クレイソンは、アメリカの著作家です。

本書は、1926年に書かれ、今もなお読み継がれている世界的ベストセラー『バビロンいちの大金持ち』が漫画化されたものとなっています。

一言で言うとどんな本?

「お金持ちになるための基本となる考え方を学べる本」です。

「金融の起源」と言われる古代都市バビロンの繁栄を築いた「黄金法則」は、100年以上経った現在でも語り継がれています。

「黄金法則」は、7つの項目から成り、ここでは、それらを1つずつ分かりやすく紹介していきます。

お金に縛られず、充実した人生を送るための「黄金法則」をどうぞご覧ください!

7つの「黄金法則」

① 収入の10分の1を貯金せよ

② 欲望に優先順位をつけよ

③ 貯めたお金に働かせよ

④ 危険や天敵から金を堅守せよ

⑤ より良きところに住め

⑥ 今日から未来の生活に備えて動き出せ

⑦ 自分こそを最大の資本にせよ

① 収入の10分の1を貯金せよ

当たり前のように思われがちですが、実際に収入の10分の1を貯金できる人はとても少ないです。

気付いたら、稼いだお金を全て使い切っているという人も多いのではないでしょうか?

人間は、稼いだ額までお金を使ってしまう生き物だと言われています。

良い商品がたくさんある現代社会で、消費を減らすことは簡単ではありません。

さらに、人間の欲には際限がないため、一度上げた生活水準は下げられません。

そのため、私達は、収入が増えれば、その分多くのお金を使ってしまうことになるのです。

そこで、収入の10%を毎月貯金できるように意識する必要があります。

それには、給料の10%を直ぐに貯金用の口座に預け、絶対に手をつけないようにするのがオススメです。

これはシンプルですが、非常に重要なことです。

② 欲望に優先順位をつけよ

給料の10%を貯金するようになると、残りは90%です。

こうして毎月使える額に限度が生じることで、人間はお金の使い道を真面目に考え始めます。

つまり、お金がないことで知恵を絞り、自分にとって本当に必要なものを真剣に探すようになるのです。

「持ち家とマンションはどちらが良いか?」

「スマホの月々の支払いは今のままで良いのか?」

「自分でお弁当を作れば食費はもっと減らせるのでは?」

このように、必要のないものや、より効果的なお金の使い方についてどんどん考えるようになります。

限られたお金を有効に使うために、私達の欲望には優先順位をつける必要があるのです。

③ 貯めたお金に働かせよ

大事に貯めたお金は、賢く使う必要があります。

ずっと銀行に貯金したままでは、一生お金持ちにはなれません。

そもそも「お金持ち」の定義とは何でしょうか?

本書には、「お金を持っている者ではなく、お金の増やし方を知っている者」だと書かれています。

つまり、お金持ちになるには、お金を投資して増やす必要があるのです。

「投資」とは、未来に何らかのリターンを得られる可能性が高いものを指します。

しかし、この世の中に100%確実に儲かる方法など存在しません。

そのため、お金持ちになるには、多くのことを勉強し、勇気を持って投資に挑戦する必要があるのです。

④ 危険や天敵から金を堅守せよ

お金を投資する際には、注意点が2つあります。

1つ目は、深く理解していないのに投資しないことです。

お金が貯めていく過程には、怪しげな一攫千金の儲け話が舞い込んでくることもあります。

「よくわからないけれど、なんか儲かるらしい」

そんな甘い話を信じたくなることもあるでしょう。

しかし、自分でしっかりと理解できないものにはお金を使ってはいけません。

よく分からない場合には、必ずその道に長けた人に相談する必要があります。

2つ目は、いま持っているお金を全て投資しないことです

株で借金をする人の多くは、一攫千金を夢見て全財産を賭けています。

基本的に一攫千金は危険で、本書には「非現実的な利益を出そうとしてはいけない」と書かれています。

成功の秘訣は、地道に少しずつお金を増やすことなのです。

⑤ より良きところに住め

住む場所は、年収や掴めるチャンスに影響を与える最大の要因の1つと言えます。

例えば、仕事を重視する人の場合、東京は会社や人の数が多いため、有利になりますよね。

高級住宅街であれば、しっかりとした人が住む傾向があるため、治安も良いでしょう。

自分が求めているものを深く理解し、それに適した場所を選べば、成功にぐっと近づけるかもしれません。

⑥ 今日から未来の生活に備えて動き出せ

私達が生きていく中で、事故や病気のリスクは常につきまとうものです。

そういった不測の事態に備えるには、毎月少しずつお金を蓄えておくことが必須となります。

「将来どういう人間になっていたいか?どこに住みたいか?いくら貯金があればそれを達成できるのか?」

そういった目標を明確にして、今から動き出す必要があります。

何事も早いうちにやっておくに越したことはありません。

今日が人生で一番若い日です。

明日ではなく、今日、今この瞬間に行動を始めましょう。

⑦ 自分こそを最大の資本にせよ

万が一、お金や人間関係を失った時、最終的に信用できるのは「自分自身」です。

健康であり、知識や経験が豊富な人材は、どこであっても重宝されます。

チャンスを掴めるように体調を整えておく。たくさんの本や経験から学ぶ。

このように、1日1日を大切に生きて、自分をレベルアップさせていく必要があるのです。

最後に

ここまで、バビロンの大富豪の「黄金法則」7つを紹介してきました。

いくら成功法則を学んでも、行動を起こさなければ成長することはできません。

学んだことを活かし、理想の未来に向かって、今日から行動を変えていきましょう。

今回の内容が皆さんの参考になれば幸いです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました