真面目すぎる性格を直すための5つの考え方

人生観

前回、真面目な人の性格的な特徴を、良い面と残念な面の両方から紹介しました。

今回は、真面目すぎる性格を見直し、良い面を活かすための考え方を5つ紹介します。

どうぞご覧ください。

目次

① 周囲の評価を気にしすぎない

② 物事に優先順位をつける

③ 人に頼る機会を増やす

④ 休息は重要であると認識する

⑤ うまく手を抜く方法を探してみる

① 周囲の評価を気にしすぎない

最も意識したいポイントが、周囲からどう思われているかを気にしすぎないようにすることです。

このポイントは、以下で解説する他の4つの考え方にも深く関わっています。

真面目すぎる人は、他人からの評価を気にしすぎて窮屈になってしまいがちです。

「断ったらノリが悪いと思われるんじゃないか」

「この仕事、本当はやりたくないけれど、他の人に迷惑をかけたくないな」

このようなネガティブな思考は一旦忘れ、自分を徹底的に肯定する時間をつくってみます。

すると次第に、うまく他人に頼ったり、嫌な仕事を断ったりと、好きなように動ける機会が増えてくるでしょう。

② 物事に優先順位をつける

真面目な人は、いくつもの予定や仕事がある場合、全てのことを全力でやろうとしがちです。

しかし、全てを優先しようとすることは、逆に言えば、全てを中途半端にすることと言えます。

実際、あらゆることが自分の思い通りにいくことは少ないでしょう。

そのため、複数の物事を抱えた時には、最も優先順位の高いものに取り組みましょう。

例えば、仕事より家族との時間を大事にしたい人は、不要な残業を断りましょう。

そうすることで、家族との時間を優先でき、自分にとってより大切なことに使える時間が増えます。

このようにメリハリをつけることで、次第に力の抜き方も分かってくるのです。

③ 人に頼る機会を増やす

自らの問題について、1人で抱え込まず、人に頼ってみるのも非常に有効です。

プライベートの悩みを家族、親友、パートナーに相談してみる。

仕事の課題について、信頼できる上司や同僚にアドバイスを求めてみる。

相手の迷惑になるのではないかと考えすぎず、自分の負担を軽減できるように動いてみましょう。

④ 休息は重要であると認識する

真面目な性格の人は、つい頑張りすぎてしまうため、適度な休みが重要であることを認識しましょう。

仕事だけでなくプライベートでも、予定を詰めすぎず積極的に休むよう心がけることが大切です。

この時も、真面目な人は、自分が休んでは他人の負担が増えると考えてしまうかもしれません。

しかし、自分が疲れ切ってしまっては元も子もありませんよね。

他人のことを一切気にせず、休むことに専念する日があっても良いはずです。

心身ともに疲れを癒し、リフレッシュする日を意識的に設けてみましょう。

⑤ うまく手を抜く方法を探してみる

うまく手を抜く方法を探すことも負担の軽減に役立ちます。

例えば、いつもは一生懸命家事をこなしていても、疲れた時には外食をして家事の手間を省く。

長いレポートを書く時には、自分で一から文章を作るのではなく、Chat GPTも利用してみる。

このような方法を使ったところで、誰にも迷惑はかかりませんよね。

自分だけの力で頑張りすぎる人は、うまく手を抜いて自分自身の負担が減らせないか探ってみましょう。

最後に

今回は、真面目すぎる性格を見直す5つの考え方をシェアしました。

「過ぎたるは猶及ばざるが如し」と言うように、真面目すぎると損をすることもあるのですね。

しかし、真面目な人には良い面がたくさんあるのは、紛れもない事実です。

その長所を活かせるように、うまく真面目な性格を活かすことが重要なのですね。

今回の内容が皆さんの参考になれば幸いです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました