面白い人の5つの特徴

人生観

仕草やトークが魅力的で、なぜかつい気になってしまう面白い人。

面白いと思われる人は、ビジネス・恋愛など、人生のあらゆる場面で有利です。

今回は、そんな「面白い人」の特徴について書きました。

面白い人にはどんな特徴があるのか、どうして彼らは面白いと言われるのか。

言葉にして探っていきましょう。

面白い人の5つの特徴 まとめ

①サービス精神が旺盛で、人を笑わせるのが好き

②オーバーリアクション

③人と違うことをする

④ボキャブラリーが豊富

⑤たくさんのネタを持っている

①サービス精神が旺盛で、人を笑わせるのが好き

面白い人の最大の特徴は、サービス精神が旺盛であることです。

人の笑顔を見ることが大好きで、どうすれば周囲の人を楽しませられるか、いつも探っています。

相手はどんなことを面白いと思うのか、今この場で求められいる面白さとは何か。

他人の目線に立って場の空気を読み、ふさわしい発言をすることで笑いは起こります。

そうすることで、職場・学校など多くのコミュニティで好かれる人気者になれるのです。

②オーバーリアクション

会話をしていて相手のリアクションが薄いとつまらないのは誰だって同じだと思います。

せっかく話をしても、相手から「ふ〜ん」、「そうなんだ〜」しか返ってこないと、泣きたくなりますよね。(笑)

一方、明るい態度でオーバーに返されると、私たちはつい笑いが出て、もっと話したくなる生き物です。

例えば、「面白い人」の代表格、明石家さんまさん。

常に大げさなリアクションでトークを盛り上げていますよね。

日常会話でもオーバーリアクションをとることで、周りから「ノリが良くて楽しい人」と認識されるようになります。

さんまさんレベルのリアクションができるならば、ネタがなくても、「面白い」と思われるようになります。

③人と違うことをする

他人と同じような行動ばかりをしていては、あまり面白いとは思われません。

お笑い芸人が他の人と同じ漫才で笑いを取ろうとしても、パクリでしかなく、面白くないですよね。

面白い人は、人とは違った視点を持ち、なかなか思いつかないようなアクションを起こしています。

普段見ることの少ない、ユニークなアクションだから面白いと感じられるのです。

「そんな発想、どこから出てくるんだろう」と感心され、一目置かれることだってあるでしょう。

その人ならではの反応が面白くて、気付いたら周りに人が集まっているのですね。

④ボキャブラリーが豊富

ボキャブラリーが豊富で言葉選びが得意であることも、面白い人の大きな特徴です。

たくさんの言葉を知っているため、その場の雰囲気に合った言葉を選びながらトークができます。

明るい調子でスムーズにトークが進むため、周囲は楽しいと感じるのです。

さらに、ボキャブラリーが豊富だと話の流れも分かりやすくなります。

いくら面白い体験をしても、説明があいまいでは相手に面白さが伝わることはありません。

豊かな語彙力を持っているからこそ、話にユーモアを込めて明確に伝えることができるのですね。

⑤たくさんのネタを持っている

面白い人は、会話の中で笑えると思うポイントをめざとく見つけ、実際に笑いに変えています。

そのため、笑いを起こせる瞬間を増やせるように普段から情報収集は欠かしません。

通勤のためにいつもの道を歩いているとき、カフェでコーヒーを飲んでいるとき、など。

日常生活の中で常にアンテナを張り、少しでも面白いと思える瞬間をキャッチしようとしています。

さらに、それらを忘れないように、必ずメモしておくと言います。

この「ネタ帳」とも言えるメモの積み重ねが、面白い人の笑いを生んでいるのです。

メモをすることで豊富な話題やネタが記憶に残っているから、次から次へと笑いに変えられます。

このように、いかなる時も笑いを起こす力があるからこそ、面白いと思われるのでしょう。

今回シェアした「面白い人の5つの特徴」が参考になれば幸いです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました